「確認」した?

人生で大切なことは、自身での「確認」である、という心情の元、気になったもの・ことへは、全力で駆け寄って行きます。ゆるりとミニマリスト生活中。

シェアハウス管理会社の「すべて住人同士で決定して解決してもらっているので」の恐怖

こんにちは。
着物好きゆるりミニマリストのおれんじです。
 
成り行きで、今まで数々のシェアハウスの内覧に行っているのですが、
管理会社さんがハウスルールの説明時に、
「すべて入居者さん同士で決定して解決してもらっているので(私達は把握していません)。
清掃も入居者さん同士でやっていただいています。」
と言う物件は、自分的には入居を止めた方が吉なのではないかと思っています。
 
そもそもそうゆう説明をされる物件は、
  • 汚れている
  • 散らかっている
  • だが高い
という、メリットがあまりなんじゃ...という事が多いですよ。
 
入居者が2〜3人ならいざ知らず、それ以上の人数が住んでいるのに、業者等を入れずに掃除を行っていないとどうなるか。
誰が週1以上で他人も使っている水回りを含む共有部分まで掃除などするものですかね。
入居者の善意になんて頼らない方が良いのです。
 
しかも最近ちょくちょく見かける、豪邸をシェアハウスに改装して、オーナーさんはそこに住んでいない場合など、せっかく物件自体はとても素敵なのに、掃除やメンテナンスがされていない事により、悲惨なことになっていたりします。
 
管理会社のかたってその物件を長く運用する気とかないのですかね〜。
ずっとそのシェアハウスを栄えさせるには、多少経費がかかっても、週1以上の業者の清掃は必要なのではと思うのですが。
 
リノベなどしてオープン時はすごい綺麗
人が集まる
栄える
散らかる、経年劣化する
のに、メンテナンスは一切なし(←この地点に来ている物件をよく見かけます)
 
まぁ気に入らなければそこに住まなければ良いだけなのですが、
もっと「長く大切に使う」、ということを考えた方が、費用対効果が高いのではないかとも思っていますよ。